2013/12/12.Thu

Viberの通話

久しぶりのiPhoneアプリのネタです。



今回は通話のできるアプリです。
アプリで通話をするということはパケット通信で通話ができるので電話代はかかりません。





LINEがこんなにも流行る前、SNSで通話もできるアプリで一般的だったのはSkypeやViberでした。
今も使っている人は多いと思います。
実際LINEの通話はつながりにくいので、実用的でないしー。


で、Viberの話し。
Androidにもあるアプリですよ。


Viberは今年になってLINEのまねしてスタンプを始めたりして、なんかLINEの二番煎じ
みたいになってきちゃったなーと思っていたら…なんと!
今回のアップデートでViber以外の相手にも、アプリ内課金で通話できるようになりました!!
その通話料はWホワイトより断然安いです。

日本国内での通話料



Viber使ってない人への通話のその機能はViber outというらしいです。
もちろん固定電話へもかけられます。

固定電話へ電話がかけられるアプリは今までSkypeや050プラスとか他にもあったけれど、
すべてクレジットカード決済でした。

アプリ内課金(AppleID決済)で固定電話にもかけられるっていうのは、かなーりハードルが下がって使いやすくなったと思います。




もちろんiPadでも使えます。ガラケーだけどiPad持ってるよって人には
うってつけだと思います♪





iPhoneやiPad同士はFaceTimeオーディオ(iPhone5のiOS7以上)で通話できるようになったし、
キャリアが違うAndroidへはLINEやViberで通話してきたけれども
固定電話やガラケーへは電話するしかなかったのです…

が!
このViberOutでそれが格安で可能になりましたー。
これは画期的ー♪




ただ、電話番号を割り当てられる訳ではないので、相手には非通知で着信するらしいです。
お店や会社とかに電話する時に使うといいですねー。

最近はもっぱらLINEばかりだったけど、Viber久しぶりに使ってみよーっと♪

とりあえず100円分買ってみました。
これでも40分通話できる!!

あ、ちなみに私はLINEもViberも連絡帳とは同期しないで使っています。
Viberで連絡帳と同期してなくても、電話番号のコピペで番号が入力できますよ♪
●iPhoneや家電のこと | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示